リフォームしたい場所の画像を送って簡単見積もり!クレアストの公式LINE

【北海道・札幌】水道凍結は根本からトラブルの原因を解決しよう!リフォームのクレアストへ

水道管が凍結すると、ひとのくらしの生命線である「水」が使えなくなります。実は、それだけでは収まりません。対処法を誤ると、水道管そのものも破損してしまうケースがあります。

いざ、水道管が凍結した場合、もしかしたら気が動転していて、頭が働かないかもしれません。

リフォーム会社の視点では、水道凍結は凍ったその時だけの対処ではなく、凍結原因を探り、根本からトラブルの原因を解決していくべきでしょう。

「水道管のなかで凍っているだけだからポットややかんでお湯を沸かして直接かければいいのでしょう?」
「凍った水道管は放っておけばとける?放置していいの?」
「水道が凍結したけどこういう時にどうしたらいいかを相談する人がいない。」
「水道管が凍結したら、どういう対応をするのがいいか自信がない。」

その悩み・不安・今すぐ対応・対処が必要でしたら↓こちらからご連絡ください。

水道管・凍結でトラブルを起こした時はまず、「水道管が凍るとどうなるのか」「これをしてはだめ」というNG対応をまとめました。ぜひチェックしてください。

▼札幌市からアナウンスされている内容もチェックしましょう!

【北海道・札幌】水道を凍結させないために札幌市の冬を知っておこう

水道管が凍るとどうなってしまうのか

水道管が凍るとどうなってしまうのか
水道管が凍るとどうなってしまうのか

夏に水が入ったペットボトルを凍らせたことはあるでしょうか?

水をいっぱいにいれたペットボトルを凍らせると、なぜかすこし膨らんでパンパンになりますよね。

これは小学校のころ教科書に書いてあったように、液体から氷に固まると分子と分子の間にすきまができて距離があき、膨張して体積が増えるためです。これがペットボトルだといいのですが、現実の水道管は鉄製なのでちょっとぷくっと膨らむ程度・・・ではすみません。

同じように、水道管が凍結すると中を流れる水は凍ってしまうのですが、ペットボトルのようにはやわらかくないため内部からの圧力がかかり、水道管が破損する可能性をつくってしまうというわけです。

NG対処法:水道管が凍ったら熱湯をかけていい?だめ?

水道管が凍った時にしてはいけないのは?
水道管が凍った時にしてはいけないのは?

水道管が凍結すると水道管そのものが膨張して、圧力がかかります。

そのまま放っておいては水道管の破裂にもつながります。

ここでうっかりやってしまうポイントがありますね。

水道凍結したらまず多くの人が連想するのが「熱湯をかける」ですね。

これは絶対にやってはいけないことです。凍結した水道管には熱湯をかけないでください。

結論ですが、水道管が壊れます。

凍結が起きた水道管に間違った対処(直接熱湯をかけたりする対処)をしてしまうと、水道管自体の破損や劣化につながり、多大なお金がかかるケースが多いのです。

先入観で「こうしたらいいのでは?」と適当な対処方法で考えるのはやめ、凍結に詳しい専門職の人を呼んで対応してもらうのが一番安全です。

住んでいる建物が、どういう特徴があってどう凍結することが多いのか、どう気をつけていくことがいいのか、といったことも専門職の人ならすぐ気付けるでしょう。

毎回毎回、凍結したら人呼んで、毎回毎回、凍結したら人呼んで、毎回毎回、凍結したら人呼んで、・・・・・という負のサイクルはヤメにしませんか。

水道凍結を自己流で溶かそうとしてさらに問題を大きくしてしまいがち

実は冬に「水道管破裂」の相談も多いのは自分で凍結を解決しようとして、熱湯を直接水道管にかけてしまうケースがあるからですね。

水道管が凍結して破裂する温度はマイナス4℃以下といわれていますが、天気はなかなか読めないことも多く、ちょっと数日留守にしてしまうと、冬場の夜間にうっかり凍りついてしまうなんてこともありえます。その冷えた水道管と、かけた熱湯の温度差で亀裂がはいり、水道管の破損につながります。

自分で熱湯をかけて破裂した水道管をまるごと修理・取替をしたところ、何万円もの金額の請求が必要になってしまった・・・なんて他人事ではありません。

なんでもDIY・自己流でやろうとせず、プロに対応をお願いしたほうが一番安く済むという話ですね。

では次の項目ではどういうところの水道管が凍結しやすいかをまとめました。

どういうところの水道管が凍結しやすいか

凍結しやすい水道管とは
凍結しやすい水道管とは

どういうところの水道管が凍結しやすいのでしょうか。それはむき出しになっていたり、気温が上がりにくい場所にあったり、局地的に冷え込みやすい条件が揃ってしまうような場所になります。

簡単に解説すると

  • 水道管自体が壁内、床下などではなくむき出しの状態にあるもの
  • 水道管の場所が日陰になりやすい方角にあるといった、気温が上がりにくい場所にあるもの
  • 水道管が風当たりが強く、局地的に冷え込みやすい場所にあるもの

このような条件が揃ってしまう環境下ですと、1度や2度凍結トラブルを自力で凍結時に対処したとしてもまた条件が揃った時に凍ってしまいますよね。

まとめとして

株式会社クレアストは、北海道・札幌のリフォーム会社です。水道凍結の修理を専門としているわけではありません。ですが「リフォーム会社」ならではのノウハウ・知識があり、経験があるスタッフが「お客様の水道管まわりの構造」などから最適な修理方法を提案しています。

水道凍結に悩まされている方がリフォームを検討されている時には、水道管凍結の原因を根本から取り除く方法も提案致します。

凍ったら凍った時に対処するだけでは、また水道管の凍結や破裂する可能性があるからですね。リフォームにより構造から水道管凍結の可能性を取り除いていくことで、将来的に凍結したときに寒い思いをしなくてすむ、安心した冬の生活を送ることができます。

水道凍結・リフォームは株式会社クレアストへご相談くださいませ。

※リフォーム会社ですが北海道・札幌市を拠点として凍結修理も行っております。
※修理費用をリフォーム金額に転化することはありません。

クレアストは最低価格交渉OK リフォーム、修繕はお任せください

Tel:011-792-7270

営業時間 9:00~18:00、年中無休